LINEスターバックスカードの使い方

2019年4月8日(月)「LINEスターバックスカード」がLINEウォレット内のマイカードから簡単に発行できるようになりました。

「LINEスターバックスカード」は、全国のスターバックスでの支払いがスマホのLINEで行えるプリペイドカードのようなもので、LINEのマイカード内で決済機能を持つプリペイドカードを搭載するのは初めての試みのようです。

LINEスターバックスカードの発行手順

「LINEスターバックスカード」の発行の手順は、まず、LINEウォレット内の「マイカード」をタップして、LINEマイカード画面を表示させます。

すると、「LINE Starbucks Card」を追加するボタンがありますので、それを押します。

 

ポップアップ画面が表示されたら「取得する」をタップし、次の画面では注意事項などを読み「同意する」をタップします。

 

次のステップでは、すでに「My Starbucks会員」になっている方と、そうでない方とでタップするボタンが変わってきます。

すでにMy Starbucks会員になっている方は、この画面では「My Starbucks会員」をタップすることで、すでに集めているSTAR(スターバックス独自のポイントのようなもの)を引き継ぐことができます。

まだMy Starbucks会員になっていない方は、「新規発行」をタップすることで、Starbucks Rewards™というスターバックス独自のポイントプログラムにも参加できるようになります。

私は、この時点で、まだスターバックスの会員ではなかったので、「新規発行」をタップして進めていきました。

 

以上の手順で、LINEスターバックスカードが新規発行されます。

お店で使うためには、入金(チャージ)が必要なので、引き続きLinePayで入金(チャージ)を行います。

 

LINEスターバックスカードへの入金(チャージ)の手順

まず、LINEスターバックスカードの画面上で「LINE Payで入金」をタップします。

その後、入金額を入力して「次へ」をタップします。

入金額は1,000円以上を設定する必要があります。

 

LINEスターバックスカードへの入金には、LINE残高以外に、LINEポイントでも行うことができます。

以上の作業で、入金(チャージ)が完了し、お店で利用できるようになりました。

 

なお、LINEスターバックスカードへのチャージに対しては、LinePayのマイカラーの料率に応じてLINEポイントが付与されます。

私のマイカラーはグリーン(料率2%)なので、今回の1000円のチャージに対して20ポイントが付与されました。

また、この記事を執筆している時点では、「LINE Payもらえるくじ」もチャージと同時にもらえて、わずか1円ではありますが、LINE残高にチャージバックされました。

 

スタバのポイントも同時に貯めるために、My Starbucks会員登録も行っておこう

スターバックスは「Starbucks Rewards™」という独自のポイントプログラムを持っています。Starbucks Rewards™を利用するには会員登録を行う必要があるので、カードの発行とともに会員登録も行っておきましょう。

 

実際にスターバックスで使ってみた

今回、LINEスターバックスカードに1000円チャージしたので、実際にスターバックスの店舗で利用してみました。

 

今回は、スターバックス ラテなど2杯の飲み物を頼んで、777円の支払いをLINEスターバックスカードで行いました。

画面上のバーコードを店員さんに見せるだけなので、とても簡単です。

Starbucks Rewards™のポイントも14加算されているのが画面上で確認できました。

Starbucks Rewards™では、Web登録済みのスターバックス カードでのお買い物50円(税抜)あたり、Starが1つ集まるとのこと。

詳しくは、以下のページからご確認ください。

Starbucks Rewards™とは